Purple Harp

つぁーこ の創作に関する記事を書き連ねていくページ。たまに女性向け注意。

CGメイキングでもやってみるか・・・ブログで。

ブログの更新が躁鬱状態みたいになることがある。表現は悪いが。

(管理人は別にどうもしてない。至って健康であるw)

躁の時は、ブログの更新のために絵をひねり出すまでするが、

鬱の時は、絵を描くこともなくなって更新が停滞する。

たまには更新したほうがいいだろうが、

作曲家関係の絵はあまり描けてない。

なので、突発誰得CGメイキング講座やってみようと思う。

超おおざっぱ。

そしてまだそのCGは完成していないという罠。

(それメイキングって言わない(?))

今描いてる絵でやってしまうが、嫌だったら言って下しあ。

>>この子たちの生みの親さん

追記に下げます。

前回の記事でも載せたあのタロットカード。

まず完成線画は前回6月12日の記事に載ってるアレである。

使用ソフトはphotoshop CS4 Extended

宝の持ち腐れとはこのことである。

photoshopはバージョン6.0以降であれば絵を描くのに必要な機能は

ほぼそろっているらしいが、Adobeは旧バージョンの回収が徹底しているので

市場には新バージョンしか残らず、結果どう頑張ったって金がかかる。

学生や教員なら3万7千円ほどで買え、この時ほど学生で良かったと思うことはないだろう。

普通に買うと10万するから。

まずはマスク作成。

はみ出しながら濃度100%の標準ブラシで塗る。

その際パーツごとにレイヤーを分ける。

03.jpg 04.jpg

05.jpg 06.jpg

こんな感じ。超適当。

そうしたら、レイヤーごとに今塗ってる範囲をマスクに反映する。

(Ctrlキー+サムネクリックで選択範囲抽出、そのあとレイヤーマスク作成のボタンを押す。)

07.jpg

マスク(選択範囲)を削る形ではみ出た部分をカットしていく。

マスクのサムネイル(白黒のやつ)をクリックすると、ブラシがグレースケールになるので

黒色のブラシで塗ればはみ出た部分をカットできる。

白色のブラシで塗ればカットし過ぎたところを元に戻せる。

マスクを管理するってとっても便利!

08.jpg

スッキリした。

背景も同様にマスクが必要な部分はマスクを作り、

全体の色補正をする。

09.jpg

サムネイルクリックで拡大。

イメージ→色調補正→色相・彩度 でレイヤーごとに微調整した。

ちなみにこの段階で30分は試行錯誤している。服の色と橋の色のバランスとかで。

上の画像は全て試行錯誤した後の画像を使っている。

次は髪の毛を塗る

・・・のだが今回はここまで!(短っ

次回の記事でまた。

読み返してみたら説明雑すぎて伝わらないし、

伝わるような人には伝える必要がないことだな。まあいいか。

おわり